讃岐うどん遍路

うどん関連ニュース

「うどん県それだけじゃない謎肉県」始動/「トッピングかけ放題」は中西うどん(高松市)で

2018/09/21
謎肉をトッピングしたうどん謎肉をトッピングしたうどん

ハローキティと謎肉がコラボしたメモ帳ハローキティと謎肉がコラボしたメモ帳

 日清食品の主力商品「カップヌードル」の具材の一つ、“謎肉”。その生産量が世界一であると明らかになった香川県を応援しようと、同社は21日に特設サイトを立ち上げ、香川とのコラボ企画を発表した。うどん県副知事で俳優の要潤さん提案の「謎肉かけ放題のうどん店」が高松市内に期間限定で登場。サンリオの人気キャラクター「ハローキティ」との限定コラボ商品なども発売する。

 発端は18日にカップヌードル公式ツイッターが、大豆と豚肉などでできた謎肉について「香川が生産量世界一」と公表したこと。すぐさま反応した要さんは「謎肉県」への改名を訴え、謎肉と香川を絡めたユニークな提案をツイッターに次々と投稿し、インターネット上で反響を呼んでいた。

 コラボ企画は、要さんの熱意に日清側が応えて実現。香川の応援サイト「うどん県それだけじゃない謎肉県」を開設したほか、「謎肉かけ放題のうどん店」は高松市鹿角町の中西うどんの協力で実施。22〜28日まで、ネギや天かすと同様に謎肉をトッピング具材として無料で振る舞う。

 ハローキティグッズは10月1日から数量限定で発売。タオルやメモ帳、ステッカーの3種類で、顔が謎肉になっているキティちゃんのイラストや「KAGAWA」の文字をデザインした。県内では四国ショップ88(高松市サンポート)などで扱う。また、カップヌードルミュージアム横浜では22〜24日に、香川県で生産した謎肉を販売する。

 同社は「謎肉、いやカップヌードルは香川県なくして生産できません。謎肉県の企画を盛り上げ、お世話になっている香川に恩返しできれば」としている。

Copyright (C) 2000- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.  
ページの上へもどる