白鵬8連勝、首位堅持/両大関黒星、1敗3人

2019/01/20 19:05

 

 白鵬(右)が下手出し投げで碧山を下す=両国国技館

 白鵬(右)が下手出し投げで碧山を下す=両国国技館

 大相撲初場所8日目(20日・両国国技館)一人横綱の白鵬は平幕碧山を冷静に右下手出し投げで仕留め、8連勝で単独首位を守った。ストレート勝ち越しは46度目で自身の最多記録を更新した。

 2大関はともに黒星。高安は松鳳山に突き落とされて4敗目。豪栄道も関脇玉鷲の突き落としに屈して5敗目を喫した。玉鷲は6勝目。新関脇貴景勝は阿武咲を押し出して6勝目で、阿武咲は2敗に後退した。

 勝ちっ放しの白鵬を追う1敗は魁聖、新入幕の矢後、千代の国の平幕3人。十両は志摩ノ海が8連勝で単独トップ。

 2017年初場所以来2年ぶりに天皇、皇后両陛下が観戦された。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459