天気予報を見る
 
新聞購読申込

大黒柱桃田、気負いなし バド・スディルマン杯 五輪レース初戦「いいスタートを」

2019/05/22 09:14

タイ戦に向けた練習で笑顔を見せる桃田賢斗=南寧(共同)
タイ戦に向けた練習で笑顔を見せる桃田賢斗=南寧(共同)

 中国の南寧で開催されている男女混合の団体で争うバドミントンの国・地域別対抗戦、スディルマン杯で初優勝を目指す日本の大黒柱は、男子シングルスで世界ランキング1位の桃田賢斗(NTT東日本=三豊市出身)だ。2年前の前回大会は違法賭博問題で日本代表から外れており、自身2大会ぶりの出場。「楽しみな団体戦なので、楽しみながら試合ができればいい」と気負った様子はない。

 準決勝で中国に敗れた2年前は、1次リーグからの全4試合で男子シングルスは1勝もできなかった。今回は1勝できる種目として計算でき、朴柱奉ヘッドコーチも「桃田選手は絶対に一本取ってほしい」と大きな期待を寄せる。

 最大のライバルとなる中国は男子シングルスで世界2位の石宇奇を擁する。昨年のワールドツアー・ファイナル決勝では苦杯をなめた相手だが、直近の4月のアジア選手権決勝で退けた。

 世界ランキングに基づく東京五輪出場権をかけた1年間の争いが4月末に始まってから、桃田にとって今大会が初戦。「代表一丸となって、(自身は)五輪レースでいいスタートを切って勢いに乗れたら」とモチベーションを高めている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.