天気予報を見る
 
新聞購読申込

サンポート高松トライアスロン アジア杯7月6日 一般大会は7日開催

2019/04/25 09:52

 「サンポート高松トライアスロン」の実行委員会は24日、2019年大会のスケジュールを発表した。五輪の代表選考につながる国際大会「アジアカップ」は国内外のトップ選手が参加して7月6日に開催。市民らが参加するエイジ大会は翌7日に行われる。

 アジアカップは、世界選手権やワールドカップに次ぐ国際大会。今年の第9戦となる高松大会には男女2部門にそれぞれ最大70人が出場し、スイム750メートル、バイク(自転車)20キロ、ラン5キロの計25・75キロで争う。

 競技は、男子が午前7時、女子が8時25分に開始予定。選手はサンポート高松の護岸周辺を泳いだ後、中央通りに設けたコースでバイクとランに臨む。出場選手は未定。

 エイジ大会は、五輪基準の51・5キロで実施。一般と県内の協賛企業・団体によるチーム対抗リレーの2部門があり、スイム、バイクはアジアカップとほぼ同じコース、ランは高松港の赤灯台周辺で行われる。

 大会10周年記念事業として、シドニーから3大会連続で五輪に出場した庭田清美、パラトライアスロンの第一線で活躍する男子の宇田秀生(滋賀県協会)、女子の円尾敦子(アルケア・グンゼスポーツ)を招く。

 また「空のF1」と呼ばれるレッドブル・エアレース世界選手権で、17年の年間総合優勝に輝いた室屋義秀が高松大会で3年ぶりに展示飛行する。6日午前11時半から約15分間、サンポート高松海上上空でエアショーを披露する。

 サンポート高松トライアスロンは10年にボランティア主導で始まり、都市型大会として国内有数の規模を誇っている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.