天気予報を見る
 
新聞購読申込

カマタマーレ讃岐が準優勝 四国クラブユースサッカー新人大会

2019/02/20 09:21

 中学生サッカーの四国クラブユース(U−15)新人大会は17日まで延べ4日間、高知県の宿毛市総合運動公園などに23チームが出場して争った。県勢は6チームがエントリーし、カマタマーレ讃岐が準優勝した。

 カマタマーレは4チームで争った予選リーグE組を3連勝の1位で通過。6チームが進んだ決勝トーナメントは、1回戦でプルミエール徳島、準決勝で愛媛FCを破った。決勝はLivent(愛媛)にPK戦の末に敗れ、惜しくも2連覇はならなかった。

 このほか、県勢はリフォルマも予選リーグを突破したが、決勝トーナメント1回戦で敗れた。(記録は県勢)

 ▽予選リーグC組 (1)リフォルマ2勝1分け(2)コーマラント1勝2分け▽D組 (2)シーガル2勝1分け(4)MFC高松Jr.3敗▽E組 (1)カマタマーレ讃岐3勝(3)ディアモ1勝2敗=各組1位が決勝トーナメント進出
 ▽決勝トーナメント1回戦
カマタマーレ讃岐 3―2 プルミエール徳島
Livent(愛媛) 2―0 リフォルマ
 ▽準決勝
カマタマーレ讃岐 2―0 愛媛FC
 ▽決勝
Livent 0(0―0)0 カマタマーレ讃岐
        (0―0)
      (PK5―4)

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.