天気予報を見る
 
新聞購読申込

県選抜、30位台へ闘志 都道府県対抗男子駅伝20日号砲

2019/01/19 09:21

30位台でのゴールを目指す県選抜
30位台でのゴールを目指す県選抜

 第24回全国都道府県対抗男子駅伝は20日、広島市の平和記念公園前発着の7区間48キロに47チームが出場して行われる。県選抜は3大会続いている40位台からの脱却を図り、30位台でのゴールを目標に掲げる。

 1区は昨大会4区を走った井下。スピードに優れ、先の香川駅伝では1区で区間賞を獲得した。2区には昨年の県中学校駅伝最優秀選手の青木を配置する。

 3区は年始の全日本実業団対抗駅伝1区区間賞の中村。都道府県駅伝出場は4年ぶりで、2区までの2人が踏ん張り、前が見える位置でつなげば大きく順位を上げることも期待できる。

 4区は昨年末の全国高校駅伝で小豆島中央のアンカーを務めた西森遼、5区は強気で積極的な走りができる木山達を起用する。6区行天は調子を上げており、アンカーの7区向井は中学時代から全国経験豊富な大学1年生。大崩れしない堅実な走りができる。

 昨大会は今回と同じ30位台を目指し、ゴール順位はあと一歩の40位だった。2年連続で指揮を執る荒川監督は「県民の皆さまの期待に応える駅伝がしたい。今回は30位台という目標をクリアしたい」と力を込める。

【県選抜予想オーダー】
区間 距離    名前    所属      年齢
1区 (7キロ)   井下 大誌 尽誠高  18
2区 (3キロ)   青木 貴也 牟礼中  15
3区 (8・5キロ) 中村信一郎 九電工  25
4区 (5キロ)   西森  遼 小豆島中央高 16
5区 (8・5キロ) 木山 達哉 尽誠高  18
6区 (3キロ)   行天 陽虹 観音寺中部中 15
7区 (13キロ)  向井 悠介 早大    19
控え       増田  空 帝京大  20
〃        脇  健人 尽誠高  16
〃        出水 元康 小豆島中  15
▽監督  荒川 雅之(小豆島中央高教)
▽コーチ 中村 徹也(小豆島中教)
     藤沢  寛(牟礼中教)

展望 福島、群馬がV争いの中心
 優勝争いは大学生に実力者がそろう福島、総合力の群馬を中心に、前回覇者の埼玉、地元の広島なども加わりそうだ。

 初優勝を狙う福島は1万メートルの持ちタイムが参加選手中1位の阿部弘輝(明大)、東京箱根間往復大学駅伝(箱根駅伝)で東洋大の往路優勝に貢献した相沢晃が軸となる。

 群馬はリオデジャネイロ五輪3000メートル障害代表の塩尻和也(順大)、箱根駅伝で2年連続1区区間賞の西山和弥(東洋大)が引っ張る。2連覇を狙う埼玉は、全国高校駅伝で快走した白鳥哲汰(埼玉栄高)らがいい流れをつくりたい。

 広島は吉田圭太(青学大)藤川拓也(中国電力)らの陣容で第1回大会以来の頂点をうかがう。福岡国際マラソンを制した服部勇馬(トヨタ自動車)の愛知、森田歩希(青学大)の茨城も有力。箱根駅伝で初優勝した東海大の小松陽平は北海道に名を連ねた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.