天気予報を見る
 
新聞購読申込

高松北が初V 桜町との県勢対決制す 男子 四国中学新人テニス

2018/12/24 10:09

【男子決勝・高松北―桜町】バックハンドで打ち返す高松北の楠。右手前は鈴木=県営生島コート
【男子決勝・高松北―桜町】バックハンドで打ち返す高松北の楠。右手前は鈴木=県営生島コート

 テニスの四国中学校新人大会は23日、高松市の県営生島コートであり、各県代表の男女各12校が出場して団体戦(1単2複)で争った。県勢は、男子の高松北が決勝で桜町を下して初優勝。女子は高松北の3位が最高だった。

 男子の高松北は接戦の中で勝負強さを発揮し、決勝まで4試合全て2―1で競り勝った。県勢対決となった決勝は、第1ダブルスとシングルスを終えて1勝1敗となり、迎えた第2ダブルスで楠・鈴木がタイブレークの末に制した。

 大会は来年3月28日に同コートで開幕する全国選抜大会の予選を兼ねており、男女の上位2校が出場権を獲得。また、県予選を制して既に全国切符を得ている男子の桜町が決勝に進んだため、開催県枠として県予選3位の三木も出場権を手にした。このほか、女子の高松北が県予選優勝で全国出場を決めている。

 ▽男子団体1回戦 椿(愛媛)2―1三木 高松北2―1松山城西(愛媛) 徳島城西2―1高知南 土佐(高知)2―1鳴門教育大付(徳島)
 ▽準々決勝
椿 2―1 高知
高松北 2―1 国府(徳島)
余土(愛媛) 2―1 徳島城西
桜町 3―0 土佐
 ▽準決勝
高松北 2―1 椿
桜町 2―1 余土
 ▽3位決定戦
余土 2―0 椿
 ▽決勝
高松北 2―1 桜町
  松尾・山下 0―6 坂東・美馬 ○
○ 染川 7―5 大塚 
○ 楠・鈴木 7―6 中原・森 
(高松北は初優勝)
 ▽女子団体1回戦 小豆島3―0高知学芸 土佐(高知)3―0城ノ内(徳島) 松山西中教校(愛媛)3―0志度 今治明徳(愛媛)3―0三木
 ▽準々決勝
高松北 3―0 小豆島
港南(愛媛) 3―0 土佐
松山西中教校 2―1 高知
今治明徳 2―1 鳴門教育大付(徳島)
 ▽準決勝
港南 2―1 高松北
松山西中教校 2―0 今治明徳
 ▽3位決定戦
高松北 2―1 今治明徳
 ▽決勝
松山西中教校 2―1 港南
(松山西中教校は3年連続3度目の優勝)

1年生ペア踏ん張る
 男子の高松北が苦しい戦いを何度も乗り越え、悲願の初優勝に輝いた。決勝は県予選決勝(8日)で苦杯をなめた桜町に雪辱を果たし、白井監督は「子どもたちが攻めの姿勢を忘れずに、最後まで協力し合って戦ってくれた」と充実感をにじませた。

 桜町戦は、優勝の行方が委ねられた第2ダブルスで楠・鈴木の1年生ペアが踏ん張った。終盤に6―6に追い付かれ、勝負はタイブレークにもつれたが、「ラリーで大遥(鈴木)は崩れない。ペアを信じて、諦めずに戦った」と楠。2人で際どい球も粘り強く拾って得点につなげ、熱戦をものにして見せた。

 四国王者として、次は3月に全国舞台へ挑む。決勝のシングルスで逆転勝ちを収めた染川は「春に向けて普段の練習から集中して取り組む」ときっぱり。主将の松尾は「長いラリーにも耐えられるよう、メンタル面も鍛えていきたい」と力を込めていた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.