天気予報を見る
 
新聞購読申込

23日号砲 全国高校駅伝

2018/12/22 09:30




 師走の都大路を駆ける全国高校駅伝(男子7区間42.195キロ、女子5区間21.0975キロ)は23日、京都市の西京極陸上競技場を発着点に開かれる。今年は男子が各都道府県代表の47校、女子は第30回の記念大会のため、地区代表11校も加えた58校で競う。県勢は男子に県予選を制した小豆島中央が出場し、女子は県優勝校の高松工と、四国駅伝で地区代表の座を勝ち取った四学香川西が晴れ舞台に挑む。レースは女子が午前10時20分、男子は午後0時半にスタートする。

男子 小豆島中央(3年連続3度目)3、4区の出来が鍵
 3年連続3度目の出場。主力に故障者が出るなど調整は万全ではないが、一丸の走りで昨年の2時間10分31秒(35位)をタイム、順位ともに更新することを目指す。

 最長10キロの1区は1年宮脇を起用する予定。スピードこそないが、粘り強い走りができる。2区明田はスピードが持ち味。

 全体順位は約8キロの3、4区の長距離区間の出来次第。区間26位と健闘した昨年に続いて3区を務める長尾、昨年アンカーから4区となる大石で順位の浮上を目指す。5〜7区の森田、西森燎、西森遼はいずれも1年生。順位を落とさずたすきをつなぎたい。

 荒川監督は「すごく応援してくれる島の皆さんの期待に応えられるよう、チーム一丸で集大成の走りを見せてほしい」と話している。

…予想オーダー…
【男子・小豆島中央】
区間          名   前 学年 5000メートル参考記録
1区(10キロ)    宮脇 宏哉 (1) 15分19秒
2区(3キロ)     明田 翔真 (3) 16分1秒
3区(8.1075キロ)長尾  周 (3) 14分53秒
4区(8.0875キロ)大石 朝陽 (2) 15分1秒
5区(3キロ)     森田 琉雅 (1) 15分36秒
6区(5キロ)     西森  燎 (1) 15分13秒
7区(5キロ)     西森  遼 (1)  8分53秒
=3000メートル
控え          丸山 大輝 (3) 14分51秒
〃           林  叶大 (1) 15分44秒
〃           真砂 拓冬 (3) 15分29秒
▽監督 荒川 雅之(49歳)

女子 高松工(3年ぶり3度目)1時間12分台、目標
 県予選は1区から首位を譲らず栄冠をつかんだ。都大路は地区代表で出場した2015年以来、3年ぶり3度目。40位前後のゴールを目指す。

 11月中旬の四国駅伝でマークした同校の歴代最高タイム1時間13分20秒のさらなる更新が目標。1、2年生が並ぶ若い布陣で、エースは今季長距離への対応が大きく向上した1区大庭。30位台前半で発進したい。

 以降は序盤で遅れながら2位でゴールした四国駅伝同様、粘り強いたすきリレーでアンカー二羽まで順位を極力キープできるか。2区の1年種田、4区の2年田中はともにスピードランナー。3区松本は安定感がある。

 理想は1時間12分台でのゴール。三谷監督は「守りに入らず、積極的なレースをしてほしい」と力を込める。

…予想オーダー…
【女子・高松工】
区間         名   前 学年 3000メートル参考記録
1区(6キロ)     大庭 結菜 (2)  9分42秒
2区(4.0975キロ)種田 涼花 (1)  9分57秒
3区(3キロ)     松本妃奈乃 (2)  9分58秒
4区(3キロ)     田中 千夏 (2) 10分14秒
5区(5キロ)     二羽 杏美 (2)  9分52秒
控え          村上 祐里 (3) 10分34秒
〃           木村 光李 (2) 10分33秒
〃           大西 真衣 (1) 10分49秒
▽監督 三谷 昌輝(50歳)

女子 四学香川西(2年連続2度目)昨年の記録更新を
 県予選は2位に終わったが、四国駅伝で各県優勝校を除いた最上位となる3位を確保。四国地区代表として、2年連続2度目の出場を決めた。

 昨年34位時のタイム1時間13分6秒の更新が目標。前半重視のオーダーで、序盤でリズムをつかむ展開を狙う。

 1、2区は四国駅伝と同じ森糸、寺脇の両2年生が担う。森糸はスピードが持ち味で、寺脇は県予選、四国駅伝ともに区間賞と抜群の安定感を誇る。

 3区は昨大会1区を走った増田、下りの4区は好調の古原か。ロードに強いアンカー本田は思い切ったレースができる。気持ちの強い橋本も力がある。

 北村監督は「選手たちが『これ以上できない』と思えるような後悔のないレースをしてほしい」と奮起を期待する。

…予想オーダー…
【女子・四学香川西】
区間          名   前 学年 3000メートル参考記録
1区(6キロ)     森糸紗耶佳 (2)  9分55秒
2区(4.0975キロ)寺脇 聖乃 (2)  9分46秒
3区(3キロ)     増田 梨美 (3) 10分22秒
4区(3キロ)     古原 夏音 (2) 10分26秒
5区(5キロ)     本田 瑠花 (2) 10分13秒
控え          橋本  萌 (3) 10分12秒
〃           柏木あさひ (3) 10分24秒
〃           除 万実子 (2) 10分41秒
▽監督 北村 智宏(42歳)

男子は混戦を予想 女子、長野東など軸 大会展望
 ▽男子
 混戦が予想される。昨年2位の倉敷(岡山)は留学生抜きのメンバーで県予選会を2時間5分台。1区の八木でリードを奪い、留学生をうまく配置すれば、2大会ぶりの頂点に近づく。

 都道府県予選会で全国最速タイムの仙台育英(宮城)はエースのムセンビを軸に層が厚い。1区の選手起用が鍵を握る。

 地区予選会で2時間4分台をたたき出した九州学院(熊本)はエース井川が引っ張る。連覇を狙う佐久長聖(長野)や洛南(京都)も有力だ。

 ▽女子
 昨年2位の長野東と連覇を狙う仙台育英(宮城)に、須磨学園(兵庫)が挑む構図となりそうだ。

 初優勝を目指す長野東は小林、高松ら前回メンバーが健在。昨年は外れた萩谷がインターハイで入賞するなど、存在感を発揮している。

 仙台育英も優勝メンバーを中心に充実。アンカーだった木村らがさらに力を付けた。昨年のように前半に留学生を置き、独走態勢を築けるか。須磨学園は大西を中心に強力な陣容が整い、都道府県予選会で全国トップタイムを誇る。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.