天気予報を見る
 
新聞購読申込

劇的逆転で決勝へ 高松64年ぶり進出 観一、必死の継投実らず 第100回夏の高校野球香川大会第10日

2018/07/22 09:34

【観音寺一―高松】決勝進出を決め喜びを爆発させる兵頭(右から3人目)ら高松ナイン=レクザムスタジアム
【観音寺一―高松】決勝進出を決め喜びを爆発させる兵頭(右から3人目)ら高松ナイン=レクザムスタジアム

 決勝へ高松、丸亀城西―。第100回全国高校野球選手権香川大会第10日は21日、高松市生島町のレクザムスタジアムで再開。準決勝2試合があり、高松が64年ぶり5度目(戦後)、丸亀城西が2年連続12度目(同)の決勝進出を果たした。

 第1試合の観音寺一―高松は、高松が2点を追う八回2死一、二塁から土田の左中間三塁打で追い付き、続く石田の左前打で勝ち越し。2番手兵頭が八、九回を無失点に抑え、62年ぶりの決勝進出を目指した観音寺一に7―6で競り勝った。

 第2試合の丸亀城西―英明は、丸亀城西が七、八回に5点差を追い付き、九回は水野の右中間三塁打の後、敬遠策で1死満塁となって塩田が左前打。春夏連続の甲子園を目指した英明に6―5でサヨナラ勝ちした。

 大会最終日は22日午後0時半から高松―丸亀城西の決勝を行い、優勝校が全国選手権(8月5日開幕・甲子園)に出場する。

21日の戦績
 ▽準決勝
高松7―6観音寺一
丸亀城西6―5英明

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.