天気予報を見る
 
新聞購読申込
高校野球
 
 

希望与える制度に定着 県勢は高松、小豆島が出場 選抜大会の21世紀枠

2018/03/11 09:22

2005年大会の開会式で堂々と入場行進する高松ナイン=甲子園
2005年大会の開会式で堂々と入場行進する高松ナイン=甲子園

2016年大会の開会式で、選手宣誓する小豆島の樋本尚也主将=甲子園
2016年大会の開会式で、選手宣誓する小豆島の樋本尚也主将=甲子園

 23日に甲子園球場で開幕する選抜高校野球大会は、今年が第90回の記念大会となる。選抜大会特有の仕組みとして定着しているのが、2001年に創設された21世紀枠。強豪校の壁にはね返されながら、さまざまな努力を続けるチームにとって、希望を与える制度となっている。

 初代に選ばれたのは宜野座(沖縄)だ。秋の九州大会は8強止まりで、新制度の存在も年末まで知らず、当時主将だった安富勇人さんは「全く予想していなかった」と振り返る。他部と共有するグラウンドで磨いた“バント戦法”で4強入り。人口約5千人の村の球児たちが旋風を巻き起こした。「半信半疑だったスタイルが確固たるものになった」と自信を深め、夏は実力で聖地に戻ってきた。

 安富さんは高校で野球をやめるはずだったが「いろいろな見方をしたくなった」と大学へ進学。現在は那覇工(沖縄)で指導にあたる。「田舎者でも甲子園に立たせてもらった。僕らにしかできない話もある」と貴重な経験を還元している。

 石巻工(宮城)いわき海星(福島)釜石(岩手)の3校は、11年に東日本大震災の被害に遭った。石巻工は12年に出場。主将だった阿部翔人さんは選手宣誓の大役も務めた。「日本が一つになり、その苦難を乗り越えることができれば、その先に必ず大きな幸せが待っていると信じています」と訴え、多くの人の心を打った。

 当時の監督で、現在は仙台工(宮城)の指揮を執る松本嘉次監督は「震災直後は野球どころではなかった。1年後に甲子園に行けるなんて、夢にも思わなかった」と述懐。部員の7割が被災し、用具は全て津波に流された。「出たくても出られない学校がたくさんある。21世紀枠があるのは大きい」と実感を込めた。
 09年出場の彦根東(滋賀)は、13年、昨年の夏の甲子園を経験し、今春も切符をつかんだ。昨夏は開幕試合となった波佐見(長崎)戦で、甲子園初勝利。村中隆之監督は「(09年の出場は)彦根東の野球部にとって分岐点になった」と語る。

 甲子園で強豪校に間近で触れた時、指揮官は「甲子園が意外と自分たちの近いところにある」ことを痛感した。県内有数の進学校。練習時間に制約がある中、強みを磨く形にシフトした。今春の大会に出場するチームのエース、増居翔太は「勉強も野球も頑張れるチーム。甲子園に出たことで周囲の目が変わった」と誇らしげに言う。
 香川の21世紀枠選出は2度で、初選出は05年の高松。夏の第1回大会に出場した10校の一つである古豪が、実に72年ぶりの春の夢舞台に返り咲きを果たした。

 2度目は16年の小豆島(現小豆島中央)。樋本尚也主将が開会式で選手宣誓も務めた大会では、小豆島勢悲願の甲子園出場に島民も燃えた。

 釜石との21世紀枠対決となった初戦では、アルプススタンド最上段までスクールカラーのえんじ色に染め上がった。杉吉勇輝監督(現高瀬高監督)は試合後、敗れた悔しさをにじませたものの「まさかスタンドがあんなにえんじ色に染まるとは思っていなかった」と感無量の表情。島民一丸の応援は大会の応援団最優秀賞に選ばれた。

 21世紀枠出場校の勝率の低さや、選考の不明瞭さに疑問を呈する声もある。過去45校のうち、初戦を突破できたのは13校のみ。昨年の多治見(岐阜)は、4強入りした報徳学園(兵庫)に0―21と記録的な大敗を喫した。

 今年は、地域貢献に熱心な由利工(秋田)と伊万里(佐賀)、文武両道の膳所(滋賀)が選出された。日本高野連の八田英二会長は、選考委員会後の記者会見で「今回選んだ3校は、私どものメッセージ。これからもいろいろな要素を加味して、この21世紀枠を生かしていきたい」と述べた。夢の舞台を踏む球児たちには、不要論を払拭(ふっしょく)するような戦いぶりを期待したい。

ズーム
 21世紀枠 甲子園の出場機会を広げるため、2001年の第73回大会から導入された。原則として秋季都道府県大会ベスト16(加盟129校以上はベスト32)以上の成績を残した学校から、練習環境を含めたハンディ克服や、地域貢献、学業との両立など戦力以外の特色も加味して選ぶ。13年の土佐(高知)を除き、全て公立校が選出されている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.