天気予報を見る
 
新聞購読申込

全国高校駅伝24日号砲

2017/12/24 09:18

 男子第68回、女子第29回全国高校駅伝(24日・西京極陸上競技場発着)の開会式が23日、京都市のハンナリーズアリーナで行われた。男子で40年連続出場となる前回王者の倉敷(岡山)の勝又雅弘監督は「粘り強く、うちは総合力でいく」とレース展開を思い描いた。

 1区に北野太翔を起用する。左足に不安を抱えるというが、勝又監督は「序盤が鍵」とエースに最長区を託す構えだ。女子の前回優勝校、大阪薫英女学院は高松智美ムセンビを昨年快走した2区に据えた。安田功監督は「自然体でやるだけ。普段通りやれば、それなりの結果は出ると思う」と冷静に話した。

 選手宣誓は大阪薫英女学院の竹内ひかり主将が務め「全選手が輝ける駅伝になるよう、正々堂々最後まで走り抜く」と力を込めた。

 県勢は男子が今春に新設された小豆島中央が2年連続2度目(昨大会は小豆島で出場)、女子は四学香川西が初めて出場する。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.