天気予報を見る
 
新聞購読申込
高校野球
 
 

小豆島中央高が全国駅伝で抱負 2町長を訪問

2017/12/10 09:33


 全国高校駅伝大会(24日・京都)を前に、男子の県代表として出場する小豆島中央高(小豆島町蒲生)の陸上部員らが小豆島、土庄の両町長らを訪問し、大舞台への意気込みを語った。

 同校は開校初年度で出場権を獲得。昨年は統合前の小豆島高が初出場を果たしており、2年続けて都大路を走る予定の選手もいる。

 両町役場を1日に表敬訪問したのは、駅伝チームのメンバー11人と荒川雅之監督、泉谷俊郎校長。主将の向井悠介さん(3年)は「地域の方々の期待に応えられるよう頑張りたい」と決意を述べ、荒川監督は「県記録を更新して20位台に入るのが目標」と話した。

 塩田小豆島町長は「若い皆さんの活躍がうれしい」、三枝土庄町長は「島のみんなで応援します」とエールを送っていた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.