天気予報を見る
 
新聞購読申込
高校野球
 
 

栗林などが3回戦進出 全日本少年サッカー県大会

2017/11/07 09:18

 小学生サッカーの全日本少年大会県大会は5日、三豊市の宝山湖公園に68チームが出場して開幕。1回戦と2回戦の一部を行い、栗林など16チームが3回戦に駒を進めた。大会は26日までの延べ7日間の日程で実施。優勝チームが全国大会(12月26〜29日・鹿児島)の出場権を獲得する。

 ▽1回戦 エスポ3―1香西 多肥2―0東かがわ グローサ3―1玉藻 牟礼1―0キッズ
 ▽2回戦 栗林4―0ディアモP 津田3―2LAZO 綾歌2―1坂出B 柞田0―0飯山A(PK3―1で柞田の勝ち) 紫雲2―2たどつ(PK3―2で紫雲の勝ち) 太田8―1十河 高松第一4―0ディーオルーチェB 宇多津2―0飯山B 三豊1―0土庄美島 パステル3―0城乾 MFC高松4―0付属高松 丸亀城南2―0大川 香川町4―1香川西 長尾7―0仏生山 まんのう7―0エッセ 丸亀城東1―0朝比奈A

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.