天気予報を見る
 
新聞購読申込
高校野球
 
 

大相撲名古屋場所番付 新大関高安、東の2番目 琴勇輝、西前頭14枚目 十両天風は東7枚目

2017/06/27 09:23

 日本相撲協会は26日、大相撲名古屋場所(7月9日初日・愛知県体育館)の新番付を発表し、新大関の高安は東の2番目に就いた。新大関誕生は2015年名古屋場所の照ノ富士以来で、平成生まれの日本出身力士では初。4横綱3大関は00年春場所以来となった。県関係は、夏場所で6勝9敗だった琴勇輝が西前頭14枚目に後退。十両は9勝を挙げた天風が東7枚目に番付を上げた。

 東洋大時代にアマチュア横綱に輝いた24歳の御嶽海が新関脇で西に座った。長野県出身では1933年春場所の高登以来。新入幕は一昨年夏場所以来の不在だった。

 2場所連続39度目の優勝を狙う横綱白鵬が東の正位。千代の富士を抜いて単独史上2位の在位60場所とし、通算最多勝利到達まであと11勝と迫る。他の横綱は左上腕付近の負傷で先場所途中休場の稀勢の里が東の2番目。西は日馬富士、先場所途中休場の鶴竜だった。

 高安以外の大関陣は東に照ノ富士、西に豪栄道。4場所連続関脇の玉鷲は東に座る。小結は嘉風が西から東に回り、元大関の琴奨菊が関脇から下がって西。小兵の業師、宇良は自己最高位の東前頭4枚目に躍進した。佐田の海、錦木、千代丸、臥牙丸の4人が再入幕。

 日大出身の岩崎改め翔猿(とびざる)が新十両で、兄の十両英乃海と史上18組目の兄弟関取になった。阿炎(あび)が11場所ぶりの再十両。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.