天気予報を見る
 
新聞購読申込
高校野球
 
 

琴勇輝、左膝負傷で休場 稀勢3敗、V3絶望的 大相撲夏場所9日目

2017/05/23 09:23

 大相撲夏場所9日目(22日・両国国技館)左上腕付近に負傷を抱える横綱稀勢の里は、平幕栃煌山に寄り切られて3敗となり、3場所連続優勝は絶望的な状況となった。横綱白鵬は碧山を上手出し投げ、横綱日馬富士は関脇玉鷲を寄り切り、ともに全勝を守った。

 照ノ富士は大関対決で豪栄道を寄り切り、7勝目を挙げた。かど番の豪栄道は5勝4敗。大関とりの関脇高安は千代の国を上手投げで退け、勝ち越しを決めた。

 勝ちっ放しの白鵬、日馬富士を1敗で高安が追い、2敗は照ノ富士ら4人となった。

 琴勇輝は左膝負傷のため休場して不戦敗。十両の天風は北太樹にとったりで敗れて4勝5敗となった。

琴勇輝、左膝負傷で休場 3日間の加療 23日の出場に意欲
 大相撲の西前頭12枚目、琴勇輝(26)=本名榎本勇起、小豆島町出身、佐渡ケ嶽部屋=が夏場所9日目の22日、日本相撲協会に「左膝蓋靱帯(しつがいじんたい)断裂術後、左膝関節水腫で約3日間の安静加療を要する見込み」との診断書を提出して休場した。

 師匠の佐渡ケ嶽親方(元関脇琴ノ若)によると、22日の朝から膝の具合が悪かったが、10日目(23日)の出場には強い意欲を示しているという。同親方は「(膝は)曲がらないし、伸びない状態だった」と説明した。

 9日目の対戦相手、魁聖は不戦勝。琴勇輝の休場は2015年春場所以来で6度目となる。今場所の十両以上の休場者は横綱鶴竜に続いて2人目。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.