天気予報を見る
 
新聞購読申込
高校野球
 
 

土井(三観陸協)優勝 男子棒高 屋島陸上カーニバル第1日

2017/04/30 09:25

【男子棒高跳び】5メートル00をクリアして優勝した土井(三観陸協)=屋島レクザムフィールド
【男子棒高跳び】5メートル00をクリアして優勝した土井(三観陸協)=屋島レクザムフィールド

 陸上の屋島カーニバル大会第1日は29日、高松市の屋島レクザムフィールドで男女24種目の決勝などを行った。棒高跳びの男子は土井翔太(三観陸協)が5メートル00で制し、女子は山地里奈(観音寺一高)が3メートル60で頂点に立った。

 400メートルリレーは四学香川西高Aの男子(野上、豊嶋、塩渕、宮内)が41秒62、女子(榎本、吉田、酒井、神田)は48秒03でそろって優勝。女子走り幅跳びは、斎藤遥(善通寺一高)が追い風2・6メートルの参考記録ながら5メートル78の好記録で栄冠をつかんだ。

 【男子】
 ▽100メートル (1)白井雅弥(近大)10秒73(2)直井(東京学芸大)10秒81(3)塩渕(四学香川西高)10秒83
 ▽400メートル (1)八木優聡(小豆島中央高)50秒50(2)出原(香川中央高)50秒84(3)石井(近大)51秒06
 ▽1500メートル (1)駒山魁都(日本薬科大)4分3秒35(2)木村(pageant)4分8秒63(3)藤沢(英明高)4分9秒22
 ▽3000メートル (1)久保山記年(善通寺自衛隊)9分0秒81(2)図子(尽誠高)9分7秒56(3)島田(同)9分15秒35
 ▽110メートル障害 (1)山下和毅(善通寺一高)15秒02(2)西村(四学香川西高)15秒05(3)乙武(高松北高)15秒18=以上追い風参考
 ▽同中学 (1)八田晴生(白峰)16秒03(2)斎藤(豊浜)17秒37(3)桐山(同)18秒51
 ▽3000メートル障害 (1)井上武(高松東高)10分35秒18(2)渡辺(坂出一高)10分49秒38(3)郷東(高松高)10分55秒57
 ▽棒高跳び (1)土井翔太(三観陸協)5メートル00(2)石川(関学大)4メートル80(3)山木(観音寺総合高)4メートル60
 ▽走り幅跳び (1)山崎裕也(香川ST)6メートル87(2)大西(善通寺一高)6メートル77(3)真鍋(香川大)6メートル64
 ▽円盤投げ (1)田岡智(三観陸協)43メートル34(2)中谷(ララパルーザ)35メートル47(3)岩田(岡山商大)32メートル04
 ▽同高校 (1)吉田健吾(観音寺総合)43メートル02(2)山本(四学香川西)41メートル48(3)熊谷(観音寺一)36メートル32
 ▽ハンマー投げ (1)森大樹(徳島文理大)50メートル68(2)岩田(岡山商大)44メートル37(3)大西(香川マスターズ)39メートル84
 ▽同高校 (1)小林幸信(四学香川西)51メートル55(2)蔭山(観音寺総合)48メートル74(3)藤田(坂出商)37メートル38
 ▽400メートルリレー (1)四学香川西高A(野上、豊嶋、塩渕、宮内)41秒62(2)善通寺一高42秒95(3)四学香川西高D43秒00

 【女子】
 ▽100メートル (1)神田響(四学香川西高)12秒31(2)吉田(同)12秒48(3)酒井(同)12秒52
 ▽400メートル (1)森麻菜(高松高)1分1秒58(2)吉識(四学香川西高)1分2秒20(3)岩本(香川大)1分2秒49
 ▽1500メートル (1)岡田紗宝(小豆島中央高)4分42秒43(2)本條(四学香川西高)4分44秒83(3)西川(同)4分45秒75
 ▽100メートル障害 (1)多田麻梨奈(武庫川女大)14秒68(2)池田(四学香川西高)14秒87(3)成行(丸亀高)15秒16=以上追い風参考
 ▽同中学 (1)中上友紀乃(三豊)15秒86(2)斉藤(桜町)16秒42(3)清水(龍雲)17秒00=以上追い風参考
 ▽棒高跳び (1)山地里奈(観音寺一高)3メートル60(2)増田(高瀬高)3メートル20(3)金子(香川高専詫間)3メートル00
 ▽走り幅跳び (1)斎藤遥(善通寺一高)5メートル78=追い風参考(2)山地(観音寺中部中)5メートル35(3)榎本(四学香川西高)5メートル19
 ▽円盤投げ (1)十河百(岐阜経大)36メートル38(2)白井(Rattle)33メートル44(3)山本(四学香川西高)32メートル62
 ▽ハンマー投げ (1)櫃本さくら(坂出商高)30メートル30(2)坂倉(小豆島中央高)28メートル50(3)白井(笠田高)24メートル72
 ▽400メートルリレー (1)四学香川西高A(榎本、吉田、酒井、神田)48秒03(2)丸亀高50秒07(3)高松西高50秒09

今後へ手応え
 ○…男子棒高跳びは27歳の土井が大学生らを抑えて頂点に立った。23日にオープンしたばかりの“新生屋島”で開かれた最初の大会を制し「中学、高校時代によく大会に出場した屋島で勝てて感慨深い」と笑顔を見せた。

 出場選手で唯一5メートルを成功させた。今月上旬に腰を痛めた影響で扱いやすい柔らかめのポールを使用していたが、調子が上向いたこの日は記録を出すために必要な本来の硬さに戻して跳躍。自己ベストの5メートル50にはほど遠かったが「今後の自信になった。先が楽しみ」と手応えを口にした。

 2年前の日本選手権で2位に入った実力者で、本業は教員。今春に笠田高から香川西部養護学校へと異動したが「どこに行っても周りの人がよくしてくれる」と周囲への感謝を強調する。

 今季の目標は安定して好記録を出すこと。「常に5メートル50を跳べるようにしたい」と力を込めた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.