天気予報を見る
 
新聞購読申込
高校野球
 
 

JR四国決勝へ 春季四国社会人野球

2017/03/19 09:31

 社会人野球の春季四国大会は18日、徳島県の鳴門オロナミンC球場に5チームが出場して開幕。初日は1回戦と準決勝1試合を行い、県勢はJR四国が初戦の準決勝で徳島倶楽部に12―0の七回コールドで快勝、3年連続の決勝進出を決めた。アークバリアは1回戦で四国銀行(高知)に1―2で惜敗した。

 JR四国は、打線が二回に一挙7点を挙げるなど先発全員の15安打で大量得点。投げては3人の継投で相手打線を1安打に抑えた。アークバリアは七回、村中の右中間二塁打で先制したが、直後に失策から逆転を許した。

 最終日は19日、同球場で準決勝の残り1試合と決勝を行う。

 ▽1回戦
アークバリア
 000000100―1
 00000020×―2
四国銀行
(ア)上田、児玉、森高―沢良木(四)菊池大、亀岡―国沢
▽二塁打 林、村中(以上ア)

 ▽準決勝
徳島倶楽部0000000―0
JR四国 170121×―12
(七回コールド)
(徳)山本、宮繁―植本(J)田内、上野、松田―小林、岡田
▽二塁打 神原、野尻(以上J)

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.