天気予報を見る
 
新聞購読申込
高校野球
 
 

新横綱稀勢は豪風戦 大相撲春場所、12日初日 琴勇輝が輝、天風は剣翔と

2017/03/11 09:41

 日本相撲協会は10日、大相撲春場所(12日初日・エディオンアリーナ大阪)の取組編成会議を開き、2日目までの取組を決めた。初場所で初優勝し、日本出身で19年ぶりの新横綱となった稀勢の里は初日に平幕の豪風戦、2日目は小結正代戦が組まれた。過去の対戦成績は豪風と20勝5敗、正代には4勝1敗。

 今場所は17年ぶりの4横綱で、他の3横綱の初日は、5場所ぶり38度目の優勝を狙う白鵬が正代の挑戦を受ける。鶴竜は先場所敗れた小結御嶽海、日馬富士は10勝を挙げれば大関に復帰できる関脇琴奨菊と対戦する。

 2大関は豪栄道が勢、4度目のかど番で迎える照ノ富士は蒼国来と初日に顔を合わせる。

 県関係では、西前頭9枚目の琴勇輝が初日に輝、2日目に隠岐の海と対戦。西十両7枚目の天風は初日に剣翔とぶつかる。

 十両以上では東前頭8枚目の魁聖が右膝の負傷のため、初日からの休場を届け出た。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.