天気予報を見る
 
新聞購読申込
高校野球
 
 

滝(県警)準V 2年連続全国へ 全日本柔道四国予選

2017/03/06 09:22

 柔道の全日本選手権四国予選は5日、愛媛県武道館に男女とも各県2代表の8選手が出場して個人無差別で争った。県勢は男子で滝大輔(県警)が準優勝し、上位2選手に与えられる本大会(4月29日・日本武道館)の出場権を獲得した。滝の本戦出場は2年連続2度目。

 滝は4人ずつ2組に分かれて行われた予選リーグのB組を2勝1敗の2位で通過。4強による決勝トーナメント1回戦はA組1位の武本晃季(愛媛)に優勢勝ちし、本戦切符を獲得した。決勝は昨年に続いて影野裕和(愛媛)に敗れ、初優勝は逃した。県体重別選手権を制した形部安彦(県警)は決勝トーナメントに進んだが4位だった。

 女子の県勢は岡田尚子(土庄中教)古枝あさひ(高松商高)が出場。古枝が予選リーグを突破したが、全国大会(4月16日・横浜文化体育館)出場を懸けた決勝トーナメント1回戦は、A組1位の立川桃(愛媛)に上四方固めで敗れた。
 この日は団体戦で争った四国4県対抗大会も実施。香川は2勝1敗で2位だった。愛媛が3戦全勝で優勝した。

 【全日本選手権四国予選】
 ▽男子個人予選リーグA組 (2)形部(県警)2勝1敗▽B組 (2)滝(県警)2勝1敗=以上決勝トーナメント進出

 ▽決勝トーナメント1回戦
滝 優勢 武本(愛媛)
影野(愛媛) 優勢 形部
 ▽3位決定戦

武本 優勢 形部

 ▽決勝
影野 大外返し 滝

 ▽女子個人予選リーグA組 (3)岡田(土庄中教)1勝2敗=落選▽B組 (2)古枝(高松商高)1勝2敗=2位決定トーナメントの結果、決勝トーナメント進出

 ▽決勝トーナメント1回戦
立川(愛媛) 上四方固め 古枝
 ▽3位決定戦

金本(徳島) 肩固め 古枝
 ▽決勝
麦田(愛媛) 優勢 立川

 【四国4県対抗大会】
 ▽団体リーグ (1)愛媛3勝(2)香川2勝1敗(3)高知1勝2敗(4)徳島3敗

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.