天気予報を見る
 
新聞購読申込

小学6年で吉良V−四国4県対抗相撲

2001/08/26 16:21

 県内初の公営相撲場の落成を記念した四国4県対抗相撲は26日、高松市生島町の県営相撲場で団体、個人戦を行った。

 対抗戦は、少年、青年、成年の3種別の成績の合計で争った。県選抜は青年(浜本、川上、吉田)が3戦全勝で優勝、少年も2位と健闘したが、総合は3位となった。個人は青年で浜本治義(香南町)が3位に食い込んだ。

 全日本小学生優勝大会四国予選を兼ねた小学生は、個人6年で吉良将弘(城西)が昨年の5年に続いて優勝を飾った。4年では児玉京太(安田)が2位、榎本勇起(垂水)が4位となり全国大会(12月・東京国技館)の出場権をつかんだ。団体は香川Aが3位に入った。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.