天気予報を見る
 
新聞購読申込

五輪選考の男女差不当と申し立て/リオ代表自転車選手、仲裁機構に

2019/04/17 21:04

 与那嶺恵理選手
 与那嶺恵理選手

 日本自転車競技連盟が定めたロードレース女子の2020年東京五輪代表の選考基準を巡り、16年リオデジャネイロ五輪女子代表の与那嶺恵理選手が基準の男女差を不当として見直しを求め、日本スポーツ仲裁機構に仲裁を申し立てたことが17日、関係者への取材で分かった。

 日本連盟の公表資料によると、男子は国際自転車連合(UCI)のワールドツアーなどのレース獲得ポイントに基づき代表が決まり、女子は対象レースが絞られる上に順位を重視して代表が決まる。選考期間も女子の方が短い。日本連盟は「男子と女子は選手やレースの数が異なるため、選考基準の統一は考えていない」と説明している。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.