天気予報を見る
 
新聞購読申込

陸上400m障害で出口が金/ユース五輪、棒高跳びの古沢は銀

2018/10/17 09:19

 夏季ユース五輪の陸上男子400メートル障害で金メダルを獲得した出口晴翔=16日、ブエノスアイレス(ゲッティ=共同)
 夏季ユース五輪の陸上男子400メートル障害で金メダルを獲得した出口晴翔=16日、ブエノスアイレス(ゲッティ=共同)

 陸上男子棒高跳びで銀メダルを獲得した古沢一生=ブエノスアイレス(共同)
 陸上男子棒高跳びで銀メダルを獲得した古沢一生=ブエノスアイレス(共同)

 【ブエノスアイレス共同】夏季ユース五輪第11日は16日、ブエノスアイレスで行われ、陸上男子400メートル障害で17歳の出口晴翔(東福岡高)が51秒28をマークし、1回目の51秒40との合計で金メダルを獲得した。

 同棒高跳びは16歳の古沢一生(群馬・前橋育英高)が自己ベストの5メートル22を出し、1回目の5メートル10との合計で銀メダル。同やり投げの中村健太郎(大阪・清風南海高)は12位だった。

 新体操の個人総合で山田愛乃(イオン)は8位。フットサル女子の日本は17日に決勝でポルトガルと対戦する。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.