天気予報を見る
 
新聞購読申込

チーム主将に香川・中村 北米遠征27人選抜 四国ILplus

2019/05/26 09:28

北米遠征に挑む選抜チーム入りを果たした香川オリーブガイナーズの8選手
北米遠征に挑む選抜チーム入りを果たした香川オリーブガイナーズの8選手

 四国アイランドリーグplusは25日、2016年以来3年ぶりに実施する北米遠征の概要を発表した。香川オリーブガイナーズからは選抜チームの主将に中村道大郎内野手が選ばれるなど8選手がメンバー入り。選手ら総勢30人は6月7日に渡米し、14日から現地の独立リーグ公式戦に参戦する。

 北米遠征は、野球の本場で選手のさらなる成長を促すのが狙い。選手の選考に当たっては実績や将来性を考慮し、選抜チームを率いる養父鉄監督が4球団の首脳陣らと協議して27人を選んだ。

 香川からは中村のほか、25日時点でリーグトップの防御率0・42をマークする又吉亮文投手や昨季首位打者の妹尾克哉内野手らを選出。このほか、徳島インディゴソックス、高知ファイティングドッグスからそれぞれ7選手、愛媛マンダリンパイレーツから5選手が選ばれた。

 選抜チームの対戦相手は、米大リーグのマイナー2A程度の実力を有する独立リーグ「Can―Am(キャンナム)リーグ」所属の6チーム。選抜メンバーは6日間の調整を経て、6月14日〜7月4日の21日間に、米国やカナダを転戦しながら19試合を戦う。

 香川から選ばれた選手は次の通り。

 ▽投手 四戸洋明、又吉亮文、大高歩▽捕手 三好一生▽内野手 中村道大郎、岡村瑞希、妹尾克哉▽外野手 白方克弥

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.