天気予報を見る
 
新聞購読申込

香川、逆転サヨナラ 愛媛に2―1 四国ILplus

2018/08/25 09:20

【香川―愛媛】9回裏香川1死一、二塁、左中間に逆転サヨナラ打を放ち、ナインから祝福を受ける三好(右から4人目)=レクザムスタジアム
【香川―愛媛】9回裏香川1死一、二塁、左中間に逆転サヨナラ打を放ち、ナインから祝福を受ける三好(右から4人目)=レクザムスタジアム

 四国アイランドリーグplusは24日、高松市生島町のレクザムスタジアムで香川オリーブガイナーズ―愛媛マンダリンパイレーツがあり、最下位の香川は2―1で逆転サヨナラ勝ちして連敗を3で止めた。後期通算成績は5勝9敗。

 香川が投打に粘り強さを見せた。打線は八回までに7安打しながら無得点とつながりを欠いていたが、1点を追う九回、1死から笠原、宋の連打で一、二塁をつくると、代打三好が左中間に2点二塁打を放って試合を決めた。

 投げては右腕森崎が初の完投で今季5勝目。一回に味方の失策と連打で先制を許したものの、二回以降は緩急を織り交ぜて打たせて取り、最少失点で切り抜けた。
 愛媛が敗れたため、首位の徳島インディゴソックスの後期優勝マジックナンバーは「9」となった。

 ▽レクザムスタジアム
愛 媛
 100000000―1
 000000002x―2
香 川
▽勝 森崎10試合5勝1敗
▽敗 正田20試合1勝4敗5S
▽二塁打 白方、三好▽盗塁 岡村(愛)▽失策 中村、宋※均、岡村(香)
▽試合時間 2時間27分

さすが三好主将
 香川・西田真二監督の話
 森崎がうまくゲームメークしてくれた。ここ最近安定感がある。打線はなかなか点が取れなかったが、最後は三好がよく期待に応えてくれた。さすが主将。地元ファンの前でいい戦いを見せることができてよかった。

※は白の右に白、その下に大、その下に十

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.