天気予報を見る
 
新聞購読申込

香川6連勝ならず ソフト3軍に0―7で完敗 四国ILplus

2018/04/29 09:40

 四国アイランドリーグplusは28日、福岡県のタマホームスタジアム筑後などで2試合があった。首位の香川オリーブガイナーズは同球場でソフトバンク3軍との定期交流戦に臨み、0―7で完敗。連勝は5でストップした。順位は首位のままで、前期通算成績は10勝2分け4敗。

 香川は投手陣が計7失点と踏ん張りきれなかった。今季初登板から4試合で3勝負けなしと好調だった先発の右腕秀伍は二回、4本の長短打で2点を先制され、六回も左前打と2四死球で招いた2死満塁からコラスに二塁打を浴びて2失点。七回は2番手の左腕三木田が1死二、三塁から3連続長短打を許し、3点を失った。

 打線はソフトバンク3投手の継投の前に、散発6安打。先頭打者が4度出塁したが、得点に結び付けられなかった。

 ▽タマホームスタジアム筑後
香 川000000000―0
ソフト02000230×―7
▽勝 椎野4試合1勝
▽敗 秀伍5試合3勝1敗
▽二塁打 幸山、コラス2、日暮▽盗塁 シリアコ▽失策 妹尾、古沢▽与死球 秀伍2(砂川2)
▽試合時間 2時間48分

 ▽JAバンク徳島
愛 媛011000110―4
徳 島000000000―0
(愛)長島、片山、正田―福田(徳)竹内、河野、伊藤、石本―山下、内村
▽本塁打 ヘイドーン3号(1)(愛)

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.