天気予報を見る
 
新聞購読申込

香川 、前期は3位に 4回に集中打、秀伍3勝目 四国ILplus

2017/05/29 09:44

【香川―愛媛】4回裏香川無死一、二塁、三好が右翼線へ適時二塁打を放つ=志度総合運動公園
【香川―愛媛】4回裏香川無死一、二塁、三好が右翼線へ適時二塁打を放つ=志度総合運動公園

 四国アイランドリーグplusは28日、さぬき市の志度総合運動公園などで前期最終戦2試合があり、香川オリーブガイナーズは愛媛マンダリンパイレーツに7―2で快勝して前期を締めくくった。香川の前期成績は、13勝3分け18敗で3位だった。

 香川は二回、加藤の中前打を足場に1死満塁と攻め、三好の中犠飛で1点先制。四回は、先頭クリスの左越え二塁打から6連続長短打などで一挙6得点し、主導権を握った。

 先発の右腕秀伍は、力強い速球を主体に6回を被安打3、無失点と好投し3勝目。七回に2番手石田が2点を失ったが、高原が八回、三木田が九回を三者凡退に抑えた。

 後期は7月29日に開幕し、香川は同日、高松市生島町のレクザムスタジアムで午後6時からソフトバンク3軍との定期交流戦を行う。

 ◇さぬき市志度
愛 媛000000200―2
香 川01060000×―7
▽勝 秀伍12試合3勝4敗
▽敗 片山13試合2勝3敗
▽本塁打 黄紹熙1号(1)(愛)
▽二塁打 クリス、三好、繁田▽盗塁 繁田、岡村、井戸川▽失策 四ツ谷、秀伍▽ボーク 秀伍2▽与死球 古村(加藤)正田(高島)
▽試合時間 2時間36分

守備の強化、後期へ課題
 ○…苦しんだ前期が終わった。香川の最終成績は3位。今季はリーグ1年目や10代の選手が多く在籍する若い布陣で挑んだ結果、新人の経験不足から勝ちきれなかった試合も少なくない。

 約2カ月間で30試合以上を戦う過密な日程。この日二回に先制の犠飛、四回に適時二塁打を放った1年目の三好は「本当に野球だけを考え続けた毎日。多くの課題が見つかった」とシーズンを振り返った。与えられたチャンスで結果を出すことがどれほど難しいか、新人選手も理解し始めているようだ。

 ホームで迎えた前期最終戦を白星で飾り、最下位は何とか阻止した香川。西田監督は「最後まで戦いを全うするという思いが感じられた」と、選手に一定の評価を与えた上で「後期に向け、投手陣を含めた守りの強化が必要」と話す。

 1試合平均約5・4失点は4球団でワースト。江村投手コーチは「最少失点で切り抜けることが大事。(投手陣は)6、7月のオフに徹底して鍛え上げる」と力を込めた。

 ▽高知市営
徳 島021010010―5
高 知10202104×―10
(徳)松本、関口、中台、山藤、相沢―垂井、生田(高)丸山、嘉数、羅国華―ハン・ソング
▽本塁打 マニー3号(2)(高)

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.