天気予報を見る
 
新聞購読申込
高校野球
 
 

香川オリーブガイナーズ 日本一へ新布陣一丸 四国アイランドリーグplus 1日開幕

2017/04/01 09:35

香川オリーブがいなーず
香川オリーブがいなーず


ガイナーズ過去の成績
ガイナーズ過去の成績

 四国アイランドリーグplus(IL)は1日、13年目のシーズンが幕を開ける。昨季は前期3位、後期2位に終わった香川オリーブガイナーズは同日、高松市生島町のレクザムスタジアムでリーグ2連覇中の愛媛マンダリンパイレーツと対戦。ホーム開幕戦で宿敵を迎え撃つ。香川は今季17選手が新加入して大きくメンバーが入れ替わったほか、新たな球団社長が就任するなど球団の体制も大きく変わった。そんな中でもチームとスタッフが一丸となり、何事にも立ち向かっていくという意味を込め、今季のスローガンには「新緑一丸(しんりょくいちがん)」を掲げた。新たな布陣で7年ぶりの独立リーグ日本一へ闘志を燃やす香川の陣容を紹介する。

西田監督インタビュー ワンプレーにかける執念を
 今季ガイナーズで11年目の指揮を執る西田真二監督(56)にチームの仕上がり具合や意気込みなどを聞いた。

 ―いよいよシーズンが幕を開ける。
 今年も新人が多く入った。まずはファンに名前と顔を覚えてもらえるよう、若手選手から率先して声を出し、元気な姿とワンプレーにかける執念を見せてほしい。結果が出ないと注目されないのが独立リーグ。選手とともにその覚悟を持ち、タイトな日程を戦い抜く。

 ―投手陣はかなり顔ぶれが入れ替わった。
 今季は左投手主体。他チームは左打者が多く、需要はあると思う。新人の実力は未知数だが、現時点では箱島や藤原の成長が楽しみ。昨季から主力の原田にも期待している。若手とベテランが刺激し合い、全体のレベルを上げていきたい。

 ―野手の状態は。
 地元出身の三好らけが人が出てしまったのは残念。やりくりしながら戦うほかない。打線で言えば、一発がある中村とクリスは調子を上げてきた。伸び盛りの井戸川や主将の小牧も鋭く振れている。
 ―昨季はエラーやサインミスなど課題も多かった。

 野球にミスはつきもの。ただ、ILは延長がない分、選手には試合終了まで集中力を切らさないことを求めたい。状況判断はもちろん、攻撃と守備で気持ちの切り替えが重要になる。失敗してもいい。反省を次の試合に生かすよう心がけてほしい。

 ―他球団の印象は。
 各チームで主力となる外国人選手は気になる存在。高知のラミレスには特に刺激をもらっている。徳島は今季NPB(日本野球機構)からジェフンが戻ってくるし、2連覇中の愛媛を含め、それぞれ戦力は整いつつあると思う。

 ―あらためて意気込みを。
 当然、日本一奪還が目標。シーズン中には苦しい時期もあるかもしれないが、ファンの皆さんには我慢強く見守ってもらい、若い選手たちの成長を楽しみに、球場へ足を運んでほしい。

戦力分析 守備に安定感 必勝パターン確立必要
 昨季終了後、主力選手がNPB(日本野球機構)入りするなど15人がチームを去り、新たに17人が加入。昨年同様メンバーは大きく入れ替わった。

 前期3位、後期2位と不本意な成績に終わった昨季は、守備の乱れからリズムを崩す試合が多かった。失策数73は高知と並んでワースト。けが人の続出により、内野の守備位置を固定できなかったことが一番の原因だが、今季は既存の選手である程度ポジションが決まり、安定感が増した。

 投手陣の柱は3年目の右腕原田。昨季は3勝7敗と苦しんだが、鋭く曲がるスライダーと切れのある直球主体にテンポのいい投球が光る。新人の実力は未知数だが、藤原、箱島の左2枚は思い切りが良く、首脳陣からの期待が高い。肘の負傷で出遅れているが、現在練習生登録の右腕東風平は独立リーグの経験が豊富で計算が立つ。

 打撃面では新戦力の中村が4番候補に挙がる。長打力が持ち味でミートもうまい。2年目のクリスも好調を維持し、中軸に名を連ねそうだ。成長株の井戸川や、昨季チームトップの打率3割1分2厘を記録した加藤、主将の小牧らがつないで好機を演出したい。

 今季も新戦力の中でけが人が出ており、ベストメンバーで開幕を迎えることは難しい状況だが、7年ぶりの日本一奪還に向け、スタートで出遅れるわけにはいかない。重要なのは2年目以降の既存選手。自身がレギュラー争いを勝ち抜くことだけでなく、独立リーグ経験の少ない新人選手たちを引っ張り、メンバー一丸で新チームの必勝パターンを早期に確立する必要がある。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.