天気予報を見る
 
新聞購読申込

高野連、球数制限で有識者会議へ/4月発足、新潟県連には再考要望

2019/02/20 19:55

 日本高野連は20日、大阪市内で理事会を開き、新潟県高野連が今春の新潟県大会での導入を目指していた投手の球数制限について、新潟県高野連に、再考を求めることを決めた。専門家を交えた「投手の障害予防に関する有識者会議」を4月に発足させ、多角的に検討していく。日本高野連の竹中雅彦事務局長は「1年後には(具体的な指針を)答申をしていただきたい」と会議の見通しを述べた。

 新潟県高野連は昨年12月に、故障予防などを目的に、投球数が100球に達した投手はそれ以降の回では投球できないルールの導入を表明。理事会では、全国で足並みをそろえて検討すべきだとする方針でまとまった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.