男子ゴルフ、小田孔ら首位に並ぶ/東建カップ第2日

2019/04/19 18:45

 

 第2日、7番でアプローチショットを放つ小田孔明。通算10アンダーで首位=東建多度CC名古屋

 第2日、7番でアプローチショットを放つ小田孔明。通算10アンダーで首位=東建多度CC名古屋

 東建ホームメイト・カップ第2日(19日・三重県東建多度CC名古屋=7081ヤード、パー71)男子ツアー国内初戦は4位から出た小田孔明が7バーディー、3ボギーの67をマークし、通算10アンダーの132でデービッド・オー(米国)と首位に並んだ。

 1打差3位に星野陸也がつけ、さらに1打差の4位に出水田大二郎、初日首位の貞方章男ら4人が並んだ。通算1アンダー、141までの68人が決勝ラウンドに進出。初日130位の72歳、尾崎将司は腰痛のため途中で棄権した。(出場132選手=アマ5、曇り、気温22・2度、北北東の風3・8メートル、観衆2607人)

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459