天気予報を見る
 
新聞購読申込

初Vへ、日本が2大会ぶりの決勝/バドミントンのスディルマン杯

2019/05/25 23:05

 準決勝のインドネシア戦女子ダブルスで勝利し、喜ぶ永原(右)、松本組=南寧(共同)
 準決勝のインドネシア戦女子ダブルスで勝利し、喜ぶ永原(右)、松本組=南寧(共同)

 準決勝 インドネシア戦でポイントを奪い、雄たけびを上げる男子シングルスの桃田賢斗=南寧(共同)
 準決勝 インドネシア戦でポイントを奪い、雄たけびを上げる男子シングルスの桃田賢斗=南寧(共同)

 【南寧(中国)共同】男女混合の団体戦で争うバドミントンの国・地域別対抗戦、スディルマン杯は25日、中国の南寧で準決勝2試合が行われ、初優勝を目指す日本はインドネシアを3―1で破り、2大会ぶりの決勝進出を決めた。26日午後1時(日本時間同2時)開始予定の決勝で中国と対戦する。

 日本は第1試合の男子ダブルスで園田啓悟、嘉村健士組(トナミ運輸)が敗れたが、シングルスで女子の山口茜(再春館製薬所)、男子の桃田賢斗(NTT東日本)、女子ダブルスの永原和可那、松本麻佑組(北都銀行)で3連勝した。

 最多10度の優勝を誇る中国はタイに3―0で快勝した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.