天気予報を見る
 
新聞購読申込

駅伝、医師や審判長が中止可能に/日本陸連、競技規則に追加

2019/03/14 19:18

 日本陸連は14日の理事会で、体調不良などで走行困難となった選手に対して本人の意思にかかわらず審判長や医師の判断で競技を中止させることができるとの記述を、国内限定で競技規則に追加した。

 昨年10月に実業団女子の駅伝で故障した選手がはってたすきをつなぐ場面があり、走行不能となった選手への対応が課題となっていた。審判員や医療スタッフが体調確認のために声を掛けたり、触れたりすることも認められる。「手助け」とみなされる懸念をなくし、選手の安全を確保することが狙い。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.