天気予報を見る
 
新聞購読申込

ロッテ福浦、今季限りで引退意向/昨季2千安打達成

2019/01/24 10:33


 ロッテの福浦和也内野手

 昨季2千安打を達成したロッテの福浦和也内野手(43)が今季限りで現役を引退する意向であることが24日、関係者の話で分かった。ロッテ一筋26年目の今季は現役最年長野手となり、2軍打撃コーチも兼任する。

 昨年9月に史上2番目の高齢となる42歳9カ月で2千安打に到達。通算成績は2234試合で打率2割8分4厘、2000安打、118本塁打、935打点。

 千葉・習志野高から1994年にドラフト7位で投手として入団し、1年目途中で野手に転向。01年に打率3割4分6厘で首位打者を獲得。01年から6年連続で打率3割以上をマークし、05年と10年にチームの日本一に貢献した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.