天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 社会一覧 > 記事詳細

統計不正防止へ審査官配置/総務省部会が素案公表

2019/05/16 10:47

 統計不正問題を受け総務省統計委員会が設置した「点検検証部会」(部会長・河井啓希慶応大教授)は16日、再発防止策の素案を公表した。データの正確性をチェックするため、各府省に「分析審査担当官」を配置することや、統計を担当する職員の研修強化などが柱。23日の次回会合で取りまとめ、5月下旬以降に開く統計委での審議を経て正式決定する。

 素案によると、審査担当官は、各府省の統計担当部署から独立した立場で、統計公表前に内容を審査。データに誤りがあった場合は、原因分析と再発防止策の検討を担うとした。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.