天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 社会一覧 > 記事詳細

横浜・川崎駅1〜5m浸水と想定/神奈川県が高潮シミュレーション

2019/04/19 18:30

 神奈川県は19日、水害対策強化のため、県東部の東京湾沿岸部において、想定し得る最大規模の台風による高潮で浸水が想定される区域を公表した。繁華街では横浜駅西口付近で1メートル、JR川崎駅付近は最大で5メートルとなっている。

 都道府県に高潮浸水想定区域の公表を求めている改正水防法に基づく措置。台風の中心気圧を1934年の室戸台風、半径と移動速度は59年の伊勢湾台風と同規模でシミュレーションした。

 浸水が想定されるのは、東京湾に面している横浜、川崎、横須賀、三浦の4市で、面積は計68・6平方キロ。水深はJR川崎駅北口周辺の5メートルが最大となった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.