天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 社会一覧 > 記事詳細

非開示報酬、他に10億円/統括会社からゴーン前会長

2019/01/11 22:58

 会社法違反(特別背任)の罪で追起訴された日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告(64)が昨年、日産と三菱自動車がオランダに設立した統括会社「日産・三菱B・V」から約10億円の報酬を受け取っていたことが11日、関係者への取材で分かった。統括会社は日産と三菱自の連結対象ではなく、この報酬は開示されていない。

 関係者によると、統括会社は2017年6月に設立された。ゴーン被告は業務が始まった18年4月から、金融商品取引法違反の疑いで逮捕された同11月までの間に、約10億円の報酬を受け取っていた。統括会社が支出した経費の約9割に当たる金額という。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.