天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 社会一覧 > 記事詳細

鑑識活動にドローン活用、警視庁/訓練を公開、一部で運用開始

2018/10/12 17:06

 訓練でドローンを操縦する警視庁の鑑識課員=12日午後、東京都内の施設
 訓練でドローンを操縦する警視庁の鑑識課員=12日午後、東京都内の施設

 警視庁は12日、東京都内の施設で、事件の鑑識活動にカメラ付きのドローンを活用する訓練を公開した。上空からの画像などで現場の状況を把握するのが狙い。既に一部で運用を始めている。

 訓練は、屋外での死体遺棄事件を想定したもので、鑑識課員が操縦するドローンが上空から現場を調べ、地上のモニターに送信される画像を確認。犯人の遺留品とみられるスコップを見つけ、地上で活動する別の課員に伝えて警察犬による遺体発見につなげた。

 鑑識課によると、課員は昨年6月からドローンの操縦訓練を受け、今年1月から現場で使用を開始した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.