天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 社会一覧 > 記事詳細
 
 

管誤挿入で一時心肺停止、大阪/2カ月女児、意識戻らず

2018/02/14 13:52

 大阪市民病院機構は14日、運営する大阪市立総合医療センター(大阪市都島区)で昨年9月、心臓手術を受けた当時生後2カ月の女児に対し、呼吸管理のためのチューブを気管ではなく誤って食道に挿入し、一時心肺停止となる医療事故があったと発表した。低酸素脳症による後遺症があり、女児は現在も意識が戻っていない。

 同機構が14日記者会見し、女児や家族らに謝罪したことを明らかにした。

 機構によると昨年9月22日、術後の女児の状態が安定していたため、医師が気管からチューブを抜いたが、容体が悪化し口から再び挿入した。しかし、改善されず心肺停止したため蘇生措置を取った。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.