天気予報を見る
 
新聞購読申込

モズの「はやにえ」食料蓄え求愛/繁殖期、魅力的さえずりの栄養源

2019/05/15 19:48

 捕らえた獲物を木々の枝先などに突き刺して置いておく鳥類のモズの「はやにえ」と呼ばれる習性について、大阪市立大の西田有佑特任講師らは15日、繁殖期に雄が雌に求愛する際、より魅力的にさえずるための栄養食の役割があることが分かったと発表した。

 モズは農地や林に生息する約20センチのスズメの仲間。はやにえは、バッタやカエル、小動物などを縄張り内の枝先に串刺しにする習性で、古くから知られる。

 今回、はやにえを多く食べて栄養を取った雄ほど、より魅力的にさえずることができ、つがいの成立率が上がった上、より早い時期につがいになったことも判明した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.