天気予報を見る
 
新聞購読申込

空間放射線量6分の1に、福島/2号機最上階、依然高く

2019/02/09 16:21

 東京電力は、福島第1原発2号機の使用済み核燃料取り出しに向けた原子炉建屋最上階の調査で、空間の放射線量の最大値が、2012年調査時の最大値に比べて約6分の1に低減したことを確認した。最大値は原子炉の真上にあるコンクリート製ふたで測定された毎時148ミリシーベルトで、12年には付近で毎時最大880ミリシーベルトが測定されていた。

 東電は建屋に流入した雨水で放射性物質が流されたり、汚染された機材などを片付けたりした効果とみている。事故から8年近く経過して自然減衰も進んだが、高い値が計測されており、依然として人は作業できない環境だ。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.