天気予報を見る
 
新聞購読申込

はやぶさ2の着陸目印、目標外す/問題はなし

2018/11/08 18:31

 小惑星りゅうぐうへの着陸目標範囲(円)の外側に落ちた目印となるボール(矢印先の白点)。右下は地表に映る「はやぶさ2」の影(JAXA提供)
 小惑星りゅうぐうへの着陸目標範囲(円)の外側に落ちた目印となるボール(矢印先の白点)。右下は地表に映る「はやぶさ2」の影(JAXA提供)

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は8日、探査機はやぶさ2が小惑星りゅうぐうに着陸する際に目印とするため10月に投下したボールについて、目標範囲を外したと発表した。ただ目印としての役割は果たせそうで問題はないという。もう1個追加で投下するかどうか検討している。

 ボールは、はやぶさ2が着陸目標としている半径10mの範囲の中心を目がけて投下したが、この範囲から5mほど外側に着地した。JAXAの吉川真准教授は「予定地に近いところには降ろせた」と話した。

 ボールは反射材で覆われている。はやぶさ2はフラッシュをたいて反射する光をとらえ、着陸の手掛かりとする。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.