天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 主要一覧 > 記事詳細

花粉、中国地方で多めか/日本気象協会が予測

2019/01/21 10:33

 煙のように舞い上がるスギの花粉
 煙のように舞い上がるスギの花粉

 日本気象協会(東京)は21日までに今春の花粉(スギ・ヒノキ)の飛散量の予測を発表した。例年に比べて中国地方で多く、東北から近畿はやや多く、九州は例年並みか多め、四国は例年並み。北海道のシラカバ花粉は例年を下回る。東京は3月上旬から4月中旬までの長期間にわたってピークが続くとしている。

 花粉の飛散開始は東日本と西日本で例年より遅くなる見通し。九州や四国、東海、関東の一部では2月中旬に飛散が始まるとみられるという。また、花粉の飛散量がピークを迎える時期は気温予想などから各地で例年並みか少し早まる見通し。

 スギ花粉の飛散が落ち着くと、ヒノキ花粉が飛び始める。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.