天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 主要一覧 > 記事詳細

出発前アルコール検出で機長交代/スカイマーク、便が遅延

2018/11/14 20:26

 スカイマーク機=2015年3月
 スカイマーク機=2015年3月

 スカイマークは14日、同日の羽田発札幌行きスカイマーク705便に乗務予定だった米国人の男性機長(49)から、出発前の自社の呼気検査でアルコールが検出されたと発表した。機長を交代させたため、23分の遅れが生じたという。

 同社によると、アルコール検出後、社内規定を超えるアルコール濃度かどうかを調べるため、さらに詳しい検査を実施しようとしたが、機器の使い方が分からなかったため、機長の交代を優先した。

 パイロットの飲酒を巡っては、10月、ロンドン発の便に乗務予定だった日航の副操縦士から、英国の法令に違反するアルコールが検出され、現地警察当局に逮捕された。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.