天気予報を見る
 
新聞購読申込

小2の17%超、携帯電話を所持/9年間で11ポイント上昇

2019/05/15 17:44

 小学2年の子どもの携帯電話所持率
 小学2年の子どもの携帯電話所持率

 2010年生まれで昨年小学2年になった子どもの17・9%がスマートフォンなどの携帯電話を持っており、01年生まれの子どもが小2だった時と比べて11・6ポイント上昇したことが15日、厚生労働省の「21世紀出生児縦断調査」で分かった。

 厚労省によると、調査は少子化対策などに生かすため、10年5月に生まれた子どもを対象とし、毎年継続的に家族の状況などについて保護者らにアンケートを実施して他の世代と比較。今回は約2万8500人分の調査票を配布し、約85%に当たる約2万4400人分から回答を得た。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.