天気予報を見る
 
新聞購読申込

ネットの利用「不安」67%/内閣府の世論調査

2018/11/09 17:33

 内閣府は9日、「インターネットの安全・安心に関する世論調査」の結果を公表した。インターネットの利用でのトラブルに不安が「ある」と「どちらかといえばある」との回答が計67・6%に上り、前回2015年調査から11・2ポイント増加した。内閣官房の担当者は「技術が複雑化し、対策を取りにくく感じる人が増えたのではないか」と指摘している。

 具体的な不安の内容を複数回答で聞いたところ、「個人情報が流出する」(79・6%)、「詐欺などに遭い金品などを取られる」(51・7%)、「子供や家族が危険な目に遭う」(45・2%)、「誹謗中傷を受ける」(36・6%)の順に多かった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.