天気予報を見る
 
新聞購読申込

三重で初の国際日本酒品評会/ワイン団体開催、617銘柄審査

2018/10/11 17:29

 「サケ・セレクション」の初めての審査が始まり、出品された日本酒の味を確かめる審査員=11日午後、三重県鳥羽市
 「サケ・セレクション」の初めての審査が始まり、出品された日本酒の味を確かめる審査員=11日午後、三重県鳥羽市

 世界的なワイン品評会「ブリュッセル国際コンクール(CMB)」が新設した日本酒部門「サケ・セレクション」の初めての審査が11日、三重県鳥羽市のホテルで始まった。欧米の専門家を中心に35人の審査員が13日まで、出品された617銘柄の日本酒の味を確かめ、今月下旬に結果を発表する。

 審査対象は純米酒、吟醸酒、熟成古酒など7部門。282の蔵元の酒を、銘柄を一切明かさずに審査員が味わって客観的に評価する。受賞酒はCMBが海外プロモーションを展開する。

 CMBのトマ・コストノーブル会長は「コンクールを通じて最高の日本酒を世界に広めたい」と話している。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.