天気予報を見る
 
新聞購読申込

東シベリアで刀鍛冶/抑留者追悼、日本舞踊も

2018/07/21 16:26

 21日、ロシア・ブリャート共和国で鍛冶技術を実演する内田義基さん(右)(共同)
 21日、ロシア・ブリャート共和国で鍛冶技術を実演する内田義基さん(右)(共同)

 【ウランウデ共同】第2次大戦後に1万人以上の日本人が連行されたロシア東シベリア・ブリャート共和国で21日、日本の刀鍛冶が鍛冶技術を実演するイベントが開かれた。日ロの文化交流と抑留者追悼が目的で、日本舞踊や真剣を使った居合抜きも披露された。

 首都ウランウデの国立劇場でバレエ団芸術監督を務める岩田守弘さん(47)が協力。参加した冨士日本刀鍛錬所(静岡県富士宮市)の内田義基さんは「祖国の地を踏むことができなかった抑留者にささげる」と語り、刀の原料となる玉鋼に火を入れた。約1週間、鍛錬を繰り返すという。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.