天気予報を見る
 
新聞購読申込

山形でカブトムシの相撲大会/小さな「力士」に熱い声援

2018/07/16 16:03

 「全国かぶと虫相撲大会」でマイクを使ってカブトムシに声援を送る子ども=16日、山形県中山町
 「全国かぶと虫相撲大会」でマイクを使ってカブトムシに声援を送る子ども=16日、山形県中山町

 土俵に見立てた木の枝でカブトムシを闘わせる「全国かぶと虫相撲大会」が16日、山形県中山町で開催された。小学生ら約400人が、自ら持ち寄るなどした小さな力士に「いけ、頑張れ」と暑さを吹き飛ばす大きな声援を送った。

 垂直に立てた長さ約1メートルの枝に2匹をつかまらせ、制限時間終了時に上にいる方が勝ち、途中で落ちれば負けとなるルール。

 トーナメントを勝ち抜き「最強横綱」に輝いたのは山形県村山市の小学2年鈴木鉄生君(8)の「かぶくん」。この日の朝に自宅近くの山で捕れたばかりの「新弟子」が上の位置を守り抜いて決勝を制した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.