天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細
 
 

中国軍、近く国産空母を就航/太平洋とインド洋に進出へ

2017/04/18 16:51

 近く進水させる中国初の国産空母と同じ基本構造を持つ「遼寧」=2016年12月(共同)
 近く進水させる中国初の国産空母と同じ基本構造を持つ「遼寧」=2016年12月(共同)

 【台北共同】昨年12月に旧ソ連製空母を改修した「遼寧」を初めて西太平洋に航行させた中国軍は近く初の国産空母を進水させる。海軍の内部資料からは空母艦隊に加え、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)や大型強襲揚陸艦を「戦略装備」として増強、太平洋とインド洋で影響力を拡大して米軍への反撃力を構築しようとする海洋戦略の全体像が浮かび上がる。

 米軍は北朝鮮の核ミサイル開発を巡り空母を朝鮮半島付近に向かわせ、圧力を強化しているが、中国軍は米軍の中国近海への接近を望んでおらず今後、アジア太平洋地域でせめぎ合いが一層激しくなるのは確実だ。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.