天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

自動車大手の労組が要求書を提出/ベア前回並み月額3千円

2018/02/14 13:57

 トヨタ自動車や日産自動車、ホンダ、SUBARU(スバル)の自動車大手の労働組合は14日、経営側に要求書を提出した。ベースアップ(ベア)に相当する賃金改善分として前回2017年と同額の月額3千円を求めた。春闘で自動車大手は電機大手と並んで相場のけん引役が期待されている。各社の業績は好調だが、次世代技術の開発に巨額の費用がかかる台所事情を抱えており、経営側がどこまで賃上げに応じるかが焦点だ。

 ベアでは各社が足並みをそろえる。ボーナスに当たる年間一時金はトヨタが6・6カ月分、日産が5・8カ月分、ホンダが6・2カ月分、スバルが6・0カ月分を要求した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.