天気予報を見る
 
新聞購読申込

将棋の藤井七段、本戦入り王手/第45期棋王戦予選

2019/05/15 22:54

 藤井聡太七段
 藤井聡太七段

 将棋の最年少プロ、藤井聡太七段(16)は15日、大阪市の関西将棋会館で指された八大タイトル戦の一つ、第45期棋王戦予選8組の準決勝で牧野光則五段(31)を破って決勝に進出、渡辺明棋王(35)への挑戦者を決める本戦トーナメントまであと1勝とした。

 棋王戦は予選突破者、シード棋士で挑戦権を争う。藤井七段は、3期連続での本戦入りを目指している。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.